薬物で治療しよう

悩む男性

うつ病の種類と症状について

双極性障害は、精神病ですから、治療をしてからといってすぐに治せるものではありません。特に、気分の振幅が激しい双極?型は、長期間治療を継続していきます。代表的な治療法として挙げられるのが、薬物治療です。薬物治療では、気分安定薬や抗精神病薬などを使用します。使用する薬について理解しておくことも大切ですし、自分が病気ということを受け入れて、継続して薬を飲み続けることが最も大切なのです。継続して治療をすることで、気分の振幅という症状をコントロールすることができ、通常の日常生活や社会生活を送れるようになるのです。双極性障害で使用される気分安定薬は、うつ状態とうつ状態の治療に効果があるだけではなく、再発防止の予防にも効果があります。

双極性障害の治療に必要な薬等について

リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギンなどが双極性障害の治療で、気分安定薬として使われています。リチウムは中枢神経に作用するもので、感情の高まりや行動を抑えることができます。双極性障害の症状の中でも、特に気分の振幅に効果があるのですが、副作用もあるので注意が必要です。手足の震え、のどの渇き、下痢、などの副作用があります。このような副作用が発症した場合は、医師や薬剤師に相談した方が良いです。

非定型抗精神病薬として双極性障害の治療で使われているのが、アリピプラゾールやオランザピンです。アリピプラゾールは、躁状態を改善するのに効果があります。また、統合失調症の治療としても使われることがあります。オランザピンは、幻想や妄想、不安感、イライラなどを抑える効果があります。

近年、うつ病患者が日本で多く発生しています。 その大きな原因はストレスと言われています。 うつ病といっても色々なタイプがあり大きくは「うつ病」「躁鬱病」「双極性障害」の3つに分けられています。 そしてうつ状態、躁鬱状態という症状があります。 うつ状態とは、気分が落ち込み、無気力で暗い感じで、これがうつ病です。 躁鬱状態とは、ハイテンションで活発な状態で、こちらは躁鬱病です。 双極性障害は、このうつ状態と躁鬱状態が繰り返される病です。 双極性障害は、仕事など嫌な事をするときだけうつ状態になり、プライベートではとても元気でよく食べますし、良く眠れるため、病気であることが分かり難く、わがままな人、不真面目などと勘違いされやすいです。

双極性障害の疑いがあれば、早めに専門医を受診することで早期の回復に繋がります。 放っておくと、症状はどんどん進行し、仕事を辞めざるを得なくなったり、家事が困難になったり、金銭感覚の異常、人間関係の悪化など人生に大事な事柄に支障をきたすようになります。 気になる症状がある人は、精神科、心療内科を受診します。 病院では、薬による治療が一般的で、抗うつ薬が処方されます。 それと同時にカウンセリングが行なわれたり、自宅や生活環境におけるストレスの排除が有効とされています。 抗うつ薬の他に、抗不安薬や睡眠薬なども併用すると効果が期待できます。 双極性障害と診断された場合には、市町村で申請すると、入院以外の治療においては、医療費が原則として1割に減額されます。 治療にはお金や時間がかかりますので是非申請することをおすすめします。